Yyハウジング
求人情報 お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせお問い合わせ

新しい断熱工法
Air断
屋内各所にファンを設置、ファンが自動で室内の熱・冷気を感知し家の外へ吸い出します。また熱を出す通気層が断熱の役目を果たします。




Air断の特徴
底冷えがない

建築業界では、長い間「冷気は床下から入り込む」と勘違いしていました。
実際には「壁、開口部から入り込む冷気が床面を覆う」事が底冷えの正体だという事がわかり始めてきました。
Air断は、壁や開口部から入り込む冷気を真っ先に吸い出しますので、寒さを感じません。

結露抑制

このスライドは、結露が発生した写真です。
金属屋根の小屋裏では、冬結露が発生しやすくなります。
屋根下地が腐食し、耐久性が低下。
台風などで屋根が吹き飛ぶ可能性が高まります。

また床下では夏結露が発生しやすくなります。
結露で木部が腐食し匂いが発生。
匂いを嗅ぎ分けてシロアリがやってきます。

壁通気層では、条件が整えば年中結露が発生します。
これらの結露を抑えるには、対流が一番効果的。
Air断はセンサーで結露発生を予測し、必要な時にファンを動かし結露を抑えます。
Air断住宅は、対流で木部を乾燥させるので家が長持ちします。

冷暖房費抑制

エアコンは室内温度を設定温度に調節する際、その差が大きければ大きいほど電力を消費します。
また、電源を入れた直後も大きな電力を消費します。
不快になってから電源を入れる一般住宅と、常に快適な温度を保つように継続的に稼働させている Air断住宅では、後者の方が総合的な消費電力は小さくなります。

生活臭防止

室内を常に空気が流れ続けている状態になるので、臭いは常に屋外へ排出されていきます。 ペットなどを飼っている方にはおすすめです。